お問い合わせ

お申し込みはこちら

国保連連絡先一覧

よくあるご質問&お役立ち情報

よくあるご質問

インターネット伝送なのか、ISDN伝送なのか分からない

国保連から発行されているユーザーIDでご確認いただけます。

ISDN伝送…「J」から始まる12桁の英数字 「J+事業所番号(10桁)+枝番(1桁)」
インターネット伝送…「KJ」から始まる14桁の英数字「KJ+都道府県番号(2桁)+事業所番号(10桁)」

判別できない場合は、所属の国保連へお問い合わせください。

手続きはいつまでにすればいいの?

3月までに国保連へインターネット伝送の申請と各種手続きが必要です。
但し、各都道府県国保連ごとに締切が設けられていたり、申込み集中のため手続きが遅延する可能性も0ではありませんので、
早め(なるべく12月まで)のお手続きをお勧めします。

ケアネットメッセンジャーを利用するための手続きについては→こちら

手続きに必要なものは?

インターネット請求切替の申請をしてください。(各国保連の連絡先は→こちら
ケアネットメッセンジャーご利用の場合は、電子証明書の購入は不要です。




どこに連絡すればいいの?

国保連の連絡先一覧をご用意しています。
→一覧はこちら

正直手続きが面倒で、自分で調べる時間がない

弊社には、インターネット伝送切替の手続きをサポートする専門チームがあります!
独自でノウハウを集積した「伝送受付センター」が、お申込み後の手続きを安心サポート!
多くの国保連から評価を頂いている安定したサポートで、皆様の事務手続きを支えます。
→お問い合わせはこちら


電子証明書を購入してしまった

国保連によっては申請の取り消しが可能ですが、既に支払い済みの場合返金されない国保連もあります。
対応は国保連ごとに異なりますので、ご注意ください。




伝送ソフトは購入しなくてはならないの?

ケアネットメッセンジャーは月契約のインターネット上のサービスのため、伝送ソフトの購入は不要です。
面倒なインストールも必要ありません。




請求ファイルは他社ソフトを使っているのですが…

原則、どのメーカーのソフトウェアで作成された請求ファイルでも伝送できます。





お役立ち情報

各都道府県の連合会連絡先
→一覧はこちら





紙請求が継続できる条件 

原則、紙請求も廃止です。
例外が適用される基準に該当する事業所のみ、
平成30年3月31日までに届け出を行うことで、平成30年4月以降も紙請求が可能です。

・支給限度額管理が不要なサービス(居宅療養管理指導等)1 種類のみを行うサービス事業所
・支給限度額管理が必要なサービス1種類のみを行うサービス事業所
・施設サービス(介護福祉施設サービス及び介護保健施設サービス)のみを行う50床未満の
 介護保険施設 他
・サービスに従事する常勤の介護職員その他の従業者の年齢が、平成30年3月31日において、いずれも
 65歳以上である場合
・電気通信回線設備の機能に障害が生じた場合
・電子請求を行うための設備の設置又はソフトウェアの導入に係る作業が未完了の場合
・改築工事中又は臨時の施設において事業を行っている場合
・事業所等の廃止又は休止に関する計画を定めている場合 他

詳細は所属の国保連へお問い合わせ下さい。



2017/11/7に、「書面による請求に係る経過措置に関するQ&Aの改正について(介護保険最新情報vol.611)」が
厚生労働省老健局介護保険計画課から公開されています。→こちら

2017年→2018年 国保連年末年始稼働状況 NEW!

全国国保連の年末年始の稼働状況をまとめました。(2017年12月27日現在)
各都道府県別に「審査結果の配信日時」、「国保連臨時窓口解放情報」等を掲載しています。
→pdfをダウンロード

※この情報は弊社独自の調査によるものです。情報が予告なく変更になる場合がございます。
 予めご了承ください。

その他インターネット伝送関連資料(国保中央会等)
Coming Soon





  • インターネット伝送切替のトリセツ
  • 国保連伝送サービスケアネットメッセンジャーって何?

© Nippon Care Communications Co.,Ltd.